会計事務所の面接対策【所長税理士を確実に落とす受け答えとは?】


これから会計事務所に転職や就職を目指している方にとって、面接でどんなことを聞かれるのか?は気になるポイントですよね。

会計事務所というのは基本的に従業員数人〜数十人程度の小さな組織であることが多いですから、面接では所長税理士と直接話すケースも多いです。

採用の意思決定者(所長税理士)と比較的早い段階で会うことができますから、しっかりと面接対策をしていけば志望理由や自己PRなどでも効果的にアピールをすることができるでしょう。

ここでは会計事務所の面接対策について具体的な事例をあげながら解説させていただきます。

[ad#co-1]


税理士試験専念のために無職のブランク期間があっても会計事務所に就職できる?

会計事務所の面接対策

税理士試験の勉強に取り組んでいる人の中には、1年間〜3年間程度試験に専念していた(その間は無職やフリーター)という方も少なくないでしょう(いわゆる履歴書にブランク期間がある状態) 今回は、試験に数年間専念した期間がある人たちが会計事務所に実務未経験で転職することが可能か?について解説させていただきます。

会計事務所転職では、自己PRで何をアピールする?

会計事務所の面接対策

会計事務所への転職活動でネックになる点として「自己PRって何をしゃべればいいんだ?」ということがあると思います。 面接で意欲を前面に出すことを意識しすぎて、ポイントがずれてしまっているという人も残念ながら少なくありません。 自己PRって何話したらいいんだ?とお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

【会計事務所の志望動機】未経験者はどう答えるべき?

会計事務所の面接対策

転職活動の面接でネックになりがちなのが志望動機ですよね。 将来的に税理士を目指している人は「実務経験を積みながら試験勉強ができること」というのが本音だと思います。 ですが、これでは他の人との差別化はできませんし、「なら会計事務所ならどこでもいいの?」というツッコミをくらってしまう可能性が高いので注意が必要です。

ページの先頭へ