「2017年8月」の記事一覧

会計事務所の実務経験は一般企業経理でも評価される?

会計事務所から転職

会計事務所で身につけた決算や税務申告についての業務知識は、一般企業経理に転職したときにも高く評価される可能性があります。 今回は、現在は会計事務所で働いているけれど、一般企業経理への転職を考えている…と言う方向けに、転職活動を行う上でのポイントについて解説させていただきます。

経理に男性が転職するのは難しい?20代後半〜30代の求人選択ポイント

会計事務所から転職

「経理は女性のものだから、男性が担当するのは難しい…」というイメージがある方はもしかしたら多いかもしれませんが、それは基本的に中小零細企業(従業員数人〜10名程度の規模の企業)での話です。 従業員100人を超える規模の企業の経理担当者は多くが男性ですし、外資系企業の場合、経営者が経理や財務畑の出身者ということも少なくないんですよ。 ある程度の規模の企業で男性が経理財務担当者として出世していけば、高い年収を得ることも可能です。

会計事務所転職と年齢のシビアな関係

未経験者の会計事務所転職

未経験で会計事務所への転職を考えている方の場合、「自分の年齢で採用される可能性はあるのか」や「年齢によって年収に違いが出るのか?」といった点について不安に感じている人も多いでしょう。 実際、未経験者の会計事務所への転職では年齢によってある程度採用の可否が決まる部分がありますし、応募の時点で科目合格が何科目あるかという点も重要です。 今回は、未経験者の方が会計事務所への転職を目指す場合、応募時点どの年齢がどのような影響を与えるのかについて具体的に解説させていただきます。

転職で女性が会計事務所を目指す際に注意すべきポイント

未経験者の会計事務所転職

会計事務所を目指して転職活動を行なっている女性の方が、求人情報を見るときにチェックしておくべきポイントについて解説させていただきます。 20代後半〜30代の女性にとって、入社後にキャリアを断絶させることなく結婚や出産育児を進めることができるかどうか?は求人選別を行う際に非常に重要です。 実際に会計事務所への転職を成功させた2人の女性の体験談や、採用面接を受ける前に事務所の内情を詳しくリサーチする方法についても解説していますから、参考にしてみてくださいね。

ページの先頭へ