会計事務所から転職!決算や税務の経験をムダにしないためのポイント


会計事務所から転職する場合、一般企業の経理や財務の管理職を目指すのがキャリアアップになります。

ここでは会計事務所経験者が決算や税務に関する実務経験を上手にアピールする方法を解説させていただきます。

規模の大き企業への転職を目指す場合、志望動機や自己PRは押さえるべきポイントを押さえておかないと書類選考にすら通してもらうことができませんので注意しましょう。


Sponsored Links


会計事務所から1年間で転職するのはアリか?

会計事務所を辞めたい方へ

せっかく希望して会計事務所だけれど、1年間働いてみてどうも合わない…と感じている方もおられるかもしれません。 「雑用ばかりやらされている」というような環境に長期間いると、同世代の人たちに業務経験で大きな差をつけられてしまう可能性がありますので注意が必要です。

会計事務所の実務経験は一般企業経理でも評価される?

会計事務所から転職

会計事務所で身につけた決算や税務申告についての業務知識は、一般企業経理に転職したときにも高く評価される可能性があります。 今回は、現在は会計事務所で働いているけれど、一般企業経理への転職を考えている…と言う方向けに、転職活動を行う上でのポイントについて解説させていただきます。

経理に男性が転職するのは難しい?20代後半〜30代の求人選択ポイント

会計事務所から転職

「経理は女性のものだから、男性が担当するのは難しい…」というイメージがある方はもしかしたら多いかもしれませんが、それは基本的に中小零細企業(従業員数人〜10名程度の規模の企業)での話です。 従業員100人を超える規模の企業の経理担当者は多くが男性ですし、外資系企業の場合、経営者が経理や財務畑の出身者ということも少なくないんですよ。 ある程度の規模の企業で男性が経理財務担当者として出世していけば、高い年収を得ることも可能です。

会計事務所の仕事に「ついていけない…」と感じている方へ

会計事務所を辞めたい方へ

現在、会計事務所で働いている人の中には、「仕事が忙しすぎてついていけない」と感じている方もおられるかもしれません。 今回は、10年間で3社の会計事務所に転職して仕事をしてきた私の実体験から、「会計事務所の仕事についていけない…」というつらさをどのように乗り越えれば良いのか?をアドバイスさせていただきます。 現在、会計事務所の仕事がつらい…と感じ始めている方は参考にしてみてくださいね。

会計事務所の辞め方

会計事務所を辞めたい方へ

会計事務所は小規模なところ(従業員10名以内など)ほど激務という特徴があります。 ここでは会計事務所の辞め方の手続きや、次の転職で損をしないためにはどうしたら良いのか?について理解しておきましょう。

会計事務所の仕事が辛い…と感じる時期やタイミングについて

会計事務所が辛い…

毎年、2月〜3月の時期には確定申告という会計事務所にとっては一大イベントといえる業務がありますので、非常に忙しくて新人の人などは「辛い」と感じているかもしれません。 ここでは会計事務所の業務が辛い…と感じる時期や業務内容について紹介させていただきます。

会計事務所を辞めたい時、退職理由はどうすべき?

会計事務所を辞めたい方へ

どんなに優秀な人でも職場との相性はあるものですから、転職は決してネガティブなことではありません。 ただし、会計事務所から別の会計事務所に転職するという場合には「退職理由」についてだけは注意しておくポイントがあります。 ここでは会計事務所の退職理由について考えてみましょう。

友人が会計事務所ですがうつ病でつらいみたいです…

会計事務所を辞めたい方へ

会計事務所は繁忙期(忙しい時期)には非常に忙しくてつらい…というイメージがある方も多いかもしれません。 会計事務所の繁忙期は年末〜3月ぐらいにかけての時期ですね。この時期には年末調整と確定申告という会計事務所にとってのビッグイベントがあります。 この時期は本当に冗談抜きで忙しいです。

会計事務所を辞めたい…経理への転職は可能ですか?

会計事務所を辞めたい方へ

結論から言うと、会計事務所から一般企業経理への転職はおすすめです。 私自身、会計事務所での実務経験をもとに一般企業経理への転職は割とスムーズにできました。私は特別に優秀な学歴や職歴がある人間ではありませんので、同じ結果を出すのは難しいことではないと思います。

ページの先頭へ