会計事務所の年収は?無資格30歳で400万円は可能?


将来的に税理士として仕事をすることを考えている方の場合、会計事務所での実務経験は必須になります(最低でも3年間ぐらいは実務経験を積むのが一般的です)

数年間は修行のつもりで税理士資格の勉強をしながら会計事務所で働く!という方でも、お給料や福利厚生の面はやっぱり気になりますよね。

特に、規模の小さい会計事務所では「無資格30歳で年収400万円が可能か?」が一つの基準になると思います。

ここでは20代後半〜30代の無資格の方が会計事務所に転職した場合の平均年収はどのぐらいか?について解説させていただきます。

会計事務所で年収を効率的にアップしていくためには仕事をしていく上で押さえておくべきポイントがありますので、これから会計事務所を目指すという人は参考にしてみてくださいね。


Sponsored Links


会計事務所は従業員の給与水準をどうやって決めている?

会計事務所の年収

会計事務所は給与水準が低いところが多い…というイメージを持っている方はひょっとしたら多いかもしれません。 給与水準が低いかどうか?を判断するためには平均的な会計事務所がどのようにして従業員の給与水準を決定しているのかを知っておく必要があります。 実際、昔ながらの小規模な会計事務所の中には「未経験の従業員は丁稚奉公(でっちぼうこう)のような感じで実務の勉強をさせてあげている」ぐらいの考え方の会計事務所も少なくないのが実情です。 まだ会計事務所で働いた経験がない人はできるだけ従業員数の多い会計事務所を狙うのが良いでしょう。

会計事務所の転職では科目合格がある方が有利?

会計事務所の年収

「税理士試験に科目合格できたら、会計事務所で実務経験を積み始めよう…」と考えている方の場合、科目合格の数が採用にどの程度影響するのか?は気になるポイントだと思います。 実際、会計事務所への転職では科目合格がいくつあるかによって採用確率は変わってきますから、あなたの履歴書が採用側の会計事務所からどのように評価されているのか?は科目合格の状況からある程度予測することができます。 今回は会計事務所側が転職面接でチェックしているポイントを中心に科目合格が転職活動に与える影響について解説させていただきます。

会計事務所の時給相場はいくらぐらい?

会計事務所の年収

会計事務所でパートや派遣社員として働くことを考えている人にとって、時給の相場がいくらぐらいか?は気になるところですよね。 同じ時間を拘束されるのであれば、少しでも時給の良いところで働きたいというのが本音だと思います。 ここでは会計事務所で派遣社員やアルバイトとして働く時の時給相場について考えて見ましょう。

会計事務所のリストラ事情について

会計事務所の年収

会計事務所のリストラの実態に関しては、事務所の規模によってまちまちであることを理解しておく必要があります。 会計事務所というのは、大きく分けて3つの規模のところがありますので、それぞれのリストラ事情を知っておきましょう。

会計事務所の平均年収の実態は?

会計事務所の年収

「会計事務所の実際の平均年収はどのぐらいなんだろう?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。 実際の平均年収は、あなたの年齢や家族構成、どのような社会人経験をしてきたか?によって大きく異なります。 ここでは会計事務所の平均年収について、実際によくある具体的なケースを想定しながら考えてみます。

ページの先頭へ