会計事務所への転職活動をスムーズに成功にみちびくためには、相手の採用担当者がどういうことをチェックしているのかを事前に知っておくことが大切です。

会計事務所の採用担当者は、あなたの職務経歴書や面接でのやりとりをみながら以下のようなポイントをチェックしています。


Sponsored Links

見られるポイント①:あなたの年齢と転職スタンス

あなたの年齢は、採用活動でもっとも重要視されるポイントの1つです。

基本的に「若ければ若いほど良い」というのはどの業界でも同じです。

しかし、会計事務所転職の場合はあなたが会計事務所の実務未経験者か、それとも経験者か?によって年齢ニーズが変わってくるという特徴があります。

会計事務所転職でニーズが高い年齢層は、以下のようになっています。

会計事務所転職に適した年齢

未経験者 :20代〜30代前半まで

実務経験者:20代後半〜30代後半

>>現在募集中の求人例を見てみる

よくある質問1:女性は転職活動に不利なの?

20代前半の人の場合は性別が問題となることは少ないですが、

20代後半〜30代女性になると「採用してもすぐに結婚退職してしまうのではないか?」という相手の不安を解消できるアピールが必要になります。

具体的には、

 

  • 今あなたが独身であれば、結婚後にも仕事を続ける意志があるかどうか?
  • 結婚しているのであれば、配偶者があなたの仕事についてどのように考えているか?
  • 子供ができたら、育児休暇は取得する予定か?

 

といったことを受け答えできるようにしておきましょう。

もちろん、子供ができたら育児休暇を取らなくてはなりませんから、その点は正直に採用担当者に伝えておくことが大切です。


Sponsored Links

よくある質問2:育児休暇をとることは不利になる?

育児休暇をとることをほのめかすと不利になるのでは?

と思われるかもしれませんが、従業員に長期間にわたって活躍してもらうことを考えている職場であれば、育児休暇の取得ルールをきちんと整えているものです。

逆にいうと、このタイミングで育児休暇をきちんととることのできる職場か?をあなた自身がチェックしなくてはなりません(男性も同様です)

目の前の仕事を見つけることも大切なことですが、その職場があなたのライフプランにあっていなければ長期間働き続けることは物理的に不可能になってしまいます。

短期間での退職はキャリアの断続につながりますので、できるかぎり避けましょう。

そのためにも、入社の段階で自分の希望を採用担当者にきちんと伝えておくことはとても大切なことなのです(その結果として不採用となったのであれば、その職場はあなたの人生にとってふさわしい職場ではなかったということです)

よくある質問3:40代未経験での転職はきびしい?

会計事務所転職では、40代になると実務経験が要求されるケースが多いのが実情ですから、会計事務所転職以外の選択肢も考慮する必要があります。

未経験採用の場合、20代〜30代前半の人が採用される可能性が高いのはやむを得ないでしょう。

なお、40代の方の会計事務所転職では即戦力として働けるかどうか?が重要ですので、必ずしも税理士資格(あるいは科目合格)が要求されるというわけではありません。


Sponsored Links

見られるポイント②:あなたの会計についての知識

会計事務所の仕事は、「机の上での勉強」が実務能力に直結する珍しい仕事です(それだけ専門性が高いということはいえます)

どれだけ人当たりが良く、得意先の経営者と仲良くなれるといっても、税法についての知識がまったくないのでは残念ながら実務に対応できません。

具体的には税理士資格や科目合格があることが望ましいですが、これらがない場合は簿記2級〜1級社会保険労務士行政書士中小企業診断士といっ
た税理士以外の有力資格を持っていることも強みになります。

会計事務所転職で有利な資格

公認会計士、税理士または科目合格

簿記1級〜2級

社会保険労務士

行政書士

中小企業診断士

その他FP技能士等

>>現在開講中の資格講座一覧


社労士人気講師の書籍をプレゼント!
クレアールでは社労士受験界のカリスマ講師が執筆した大人気のベストセラー本をプレゼントします。メディア出演多数の人気講師が合格ノウハウを完全公開!


保有資格が何もないのであれば、職務経歴書でアピールすることも大切です。

会計事務所経験者であれば、以前に所属していた事務所で担当した得意先の規模と、税務申告における具体的なエピソードをさりげなくアピールすることが考えられます。

消費税の還付申告でこのような事例があり…や、法人税法の解釈について税務調査で調査官と意見が食い違い…などなど、対処した経験がある具体的なエピソードを書くのがポイントです。


Sponsored Links

見られるポイント③:あなたの実務経験

会計事務所への転職で年収アップを実現するためには、実務経験のアピールは必須です。

「まったくの会計未経験者」とみなされると提示される年収も大幅にダウンしてしまいます。

正社員として会計事務所や経理の仕事を経験したことがまだないのであれば、アルバイト経験でも良いので職務経歴書に書きましょう。

まったくの会計未経験者と正社員の手伝いであっても実務を経験したことがある人とでは福利厚生に大きな差があります。

募集中の求人を見てみる